Profile

野口 明生 (AKIO NOGUCHI)

3歳からピアノを始め、拝田正機に師事、国立音楽大学のピアノ科を卒業。卒業後ヒーリンググループ、shikinamiを結成(現在は活動休止)し、様々な場所で演奏活動を展開。

これまで伊勢神宮の式典、宇治橋渡始式での奉納演奏や、TVではNHKの金曜バラエティー出演や、名古屋のFM愛知に1年間レギュラー出演する、など多方面で活動。

大学卒業後と独学で始めたアイルランド音楽、現在ティンホイッスル、ローホイッスル、アイリッシュフルート、イーリアンパイプス演奏し、演奏活動している。

イーリアンパイプスでアイルランドの国宝級のバンド、チーフタンズとJUPC(イーリアンパイプス協会)のメンバーとして共演。

NHK朝の連続テレビ小説『マッサン』の音楽でティンホイッスル、アイリッシュフルート、イーリアンパイプスで参加。

作曲家・光田康典氏&Millennial Fairの公演に参加。クロノクロス、クロノトリガーアレンジバージョンのアルバム『ハルカナルトキノカナタヘ』にもイーリアンパイプス、ティンホイッスル、ローホイッスルで参加。

現在様々な場所でアイルランド音楽を演奏し、活動の場を展開。



楽器紹介

【Uilleann pipes:イーリアンパイプス】


uilleann.pipes画像

イルンパイプスなど発音します。日本ではイーリアンとも呼ばれていますが。。。

Uilleannとはゲール語で「肘(ひじ)」と言う意味です。

アイルランドの伝統楽器。

アイルランドで独自の形に発展したバグパイプ(バッグに溜めた空気を送り、リードを振動させて音を出す楽器の総称)。

チャンター、ドローン、レギュレーター、バッグ、べロウズというパーツからなるリード楽器。


チャンター : 主にメロデイーを演奏する管(かん)。キー(鍵)を取り付けることで半音も出せますが、あまりに半音が多すぎると楽器の機能的に演奏が困難。音域は2オクターブ。(ダブルリード×1)

ドローン : 同じ音がずっと鳴り続ける(途中で止めることも可能な)管。テナー、バリトン、ベースの三本の管で構成。(シングルリード×3)

レギュレーター : ドローン管とは別途、テナー、バリトン、ベースの三本の管から構成。手の側面や指で簡単な伴奏がひけます。(ダブルリード×3)

バッグ : 空気を溜め込む為の袋。

ベロウズ : 肘に装着する、空気をバッグに送るための鞴(ふいご)。


管の種類ですが、一般的にはD管、その他にはC♯管、C管、B管、B♭管などがある。この他にもキー(音階)はありますがあまり演奏されません。

フルセットは前述のもの全てが付いていて、中にはそれら以外にも管が増えたりなどイレギュラーなものもありますが、それぞれが一通り付いてる形が一般的なフルセットです。

全部でダブルリードが4本、シングルリードが3本、計7本のリードが中に入っています。

音色は、とても迫力のある音と共に、どこか哀愁漂う音で、他のバグパイプでは出せない特徴的な音色(奏者の個人的な感想)です。


しかしこの楽器の大変なところは周りの温度、湿度にかなり敏感に反応してしまい、音程がすぐ狂ってしまいます。

日本みたいに四季があり、夏や冬の冷暖房が欠かせない環境では、楽器のコンディションを保つのは極めて困難です。

屋外での演奏は、場合によってはリードに致命的なダメージを与えるので、フルセットでの屋外演奏は避けざるを得ません。

目安としては、湿度50~65%、温度15度~20度ちょっと位が、このイーリアンパイプスにとって良い環境のようです。


【Tin whistle:ティンホイッスル】


tinwhistles画像

ティンホイッスルはアイルランドで最もポピュラーな縦笛。

ティンとはブリキという意味、安価なブリキで作られていてまたの名をペニーホイッスルとも言われています。

現在ではブリキの他にブラス、ニッケル、アルミ、プラスティック、木製等の材質で作られているものもあります。

フィップルという歌口がついていて指穴は6つ、吹けば誰でも音が鳴る楽器ですが、それらしく吹くには奥が深くとても難しい楽器です。

管の種類は基本D管で、音域は約2オクターブ、半音が多数出てくる曲の演奏には不向きです。

他のキーは半音刻みで上はG管から下は最大でbass G管まで幅広くあります。


【Low whistle:ローホイッスル】


lowwhistle画像

ティンホイッスルのキーが低くなっているものをローホイッスルと言う。構造は同じですがティンホイッスルに比べ、演奏時は多くの息を必要とします。

また、指穴も大きくなるのでメーカーによっては、指が細い方は穴を塞ぐのが困難なこともあります。

音色はどこか尺八にも似た渋い音から丸みを帯びた音まで表現する事ができます(奏者の個人的な感想)。


【Irish flute:アイリッシュフルート】


irishflute画像

アイリッシュフルートは19世紀ころにクラシック音楽で使われていた木管フルートをアイルランド音楽に使った所、アイルランドの伝統音楽と凄く合っていたため、今でもその木管のフルートが使われているそうです。

その頃から改良をかさね、現在は当時の面影を残したまま中身はアイリッシュフルートらしい音色になりました(奏者の個人的な感想)。

キーはLow whistleのD管と同じですが、音色は太く深みがあり、すこしかすれた様な音です。管の種類ですが一般的に使われるのが基本D管です。他の管は、E♭管、C管、B♭管、A管などもあります。

運指はティンホイッスルとほぼ同じですが、キー(鍵)を付ける事によって半音がでたり、基本のD管より下のC♯、C、メーカーによってはBまででるのもあります。音域は2オクターブとちょっと、半音が多数出てくる曲の演奏には不向きです。


【Duclar:ドゥクラー】


duclar画像

ドゥクラーはアルメニアの民族楽器、duduk(ドゥドゥク)を演奏しやすいようにドイツのVladiswar Nadishana氏が新たに製作した楽器です。

ドゥドゥクは、日本の篳篥(しちりき)に良くにたダブルリード楽器で、アルメニアでは古くから冠婚葬祭などで演奏されているそうです。

音色は非常にあたたかみがある一方、どこか悲しい様な音色でもあり、世界で一番物悲しい楽器、とまで言われているそうです。アルメニアの時代背景との関係を考えさせられます。

ドゥドゥクも持っておりときどきトライしますが、ダブルリードなのでやはり調整が大変なようです。演奏の仕方として、頬っぺたをパンパンに膨らませるので、口の筋肉もかなり使いハードです。

一方、ドゥクラーはダブルリードではなく、クラリネットのマウスピースを使い、シングルリードです。シングルリードであることによってダブルリードであるドゥドゥクよりは演奏しやすく感じます。クラリネットのマウスピースを使うといっても、奏法はクラリネットとは多少異なります。

ドゥクラーの音域は1オクターブと1音で、それ以上はでません。半音もスタンダードな運指では出せないので、演奏可能な調が決まっています。

■ドゥクラーの演奏可能な調と最大音域

 ※一時的に特殊加工をすることで出る音を含む。
 その場合代わりに出なくなる音があります。詳細はお問い合わせください。

 [凡例]調……音域:低音→高音( )は特殊な運指により演奏可能な音


□High C管major……CDEFGAB(B♭)CD

□High Cminor管……BCDE♭FGA♭B♭(B)C

□Middle G管major……GABCDE(F)F#G(G#)A

□Low F管minor……EFGA♭B♭CD♭E♭(E)F

□Low Dmajor管……DEF#GAB(C)C#DE


Contact

演奏、作曲、レッスン等のオファー受け付けております。

「uilleann.pipes.japanアットマークgmail.com」(メールを送信する場合は、左記アドレスをメールソフトの送信先にコピペし「アットマーク」を「@」(半角)に書き換えてください。スパムメール防止の措置です。

inserted by FC2 system